【GTRACING】ゲーミングチェアに最適なクッションは薄さと通気性が重要【ジェルシートクッション】

 

hikawa
ゲーミングチェアで腰は痛くなくなったけど、お尻の痛さと蒸れが気になります。

 

自宅でほぼ一日中パソコン作業をしている私。ずっとイスに座っての作業となります。

さすがに10時間以上も座りっぱなしだと腰が痛くなってくるため、長時間座り続けても大丈夫になるゲーミングチェアを購入しました。

【レビュー】GTRACINGのゲーミングチェアを購入!長時間使用での座り心地と評価!

5ヶ月ほど前にゲーミングチェアを購入したわけですが、もちろん今現在も座っています。

ずっと使い続けていて感じるのですが「腰の痛みはなくなったけどお尻が痛い」のです。

そこで今回はゲーミングチェアに最適なクッションを探し求めたという話です。

 

ゲーミングチェアはお尻への負担が地味に大きい

私が購入したのは「GTRACING」のゲーミングチェアです。価格も手頃でゲーミングチェアの入門編的な存在。

私はゲーミングチェアを購入する前は普通のパソコンチェア(5000円くらい)を使っていたのですが、そのときは腰もお尻も数時間で痛くなっていました。

しかしゲーミングチェアにしてからは10時間ずっと座っていても腰はほとんど痛くならないようになりました!

 

ですが今度はゲーミングチェアに座り慣れてきて、リクライニングを倒して座るようになってくるとお尻が痛くなってくるようになりました。

リクライニングを倒して座っていると、体が滑らないようにするため負担がお尻に集まってくるんですよね。

普通に姿勢良く座っていると腰とお尻に負担が分散するんですけど、リクライニングにするとお尻に負担が集中しちゃうのです。

リクライニングを倒して10時間座っているとさすがにお尻が限界に達してしまいます。

 

クッションを敷いてみたら逆に腰が痛くなった

お尻の痛みを軽減させるため、クッションを買ってみました。

「分厚いほうがクッション性が高くて良いだろう」と思って購入したのが上記の商品です。

 

しかしですね、ゲーミングチェアというのはクッションを使わない状態で人間の体がフィットするようにデザインされています。

普通にゲーミングチェアに座れば、それだけで腰の曲がり具合とか頭の位置が良い意味で矯正されて座っていても疲れにくくなるわけですね。

そんな「素のまんま」が最適なゲーミングチェアに分厚いクッションを敷いてしまうとですね、もう座り位置がめっちゃ気持ち悪くなる!

背もたれを倒した状態でも違和感出てきますし、リクライニング状態にしたら腰が浮いちゃって、クッションのせいで逆に腰が痛くなる!

 

hikawa
そんなわけでGTRACINGのゲーミングチェアに分厚いクッションを敷くのは大失敗でした!

 

今回購入した分厚いクッションは、リビングでテレビを見るとき用の座椅子に敷く用となりました。

ゲーミングチェアに分厚いクッションを敷くのはダメですね、私は絶対にオススメしません!

 

薄いクッションならばお尻が痛くならない

created by Rinker
アイリスプラザ(IRIS PLAZA)
¥1,518(2020/12/04 07:00:01時点 Amazon調べ-詳細)

分厚いクッションは大失敗だったので、今度は薄い低反発のシートクッションを買いました。

これは購入して成功でした!

薄いので座っても腰の位置がおかしくなりませんし、低反発なのでクッション性もしっかりあります。

リクライニング状態でゲーミングチェアに長時間座っても、お尻が痛くなりにくくなりました。

 

しかし、徐々に暑い季節になってくると気づきます。

低反発クッションは暑い、お尻の熱で蒸れる、ということに!

10時間以上も座っているとお尻からじわりと出てくる汗を徐々にクッションが吸収して蒸れてくるんですよね。

もうそれが気持ち悪くて、気持ち悪くて。

夕方頃、西日が部屋に当たって室温が上がってくると、お尻の蒸れは最高潮!

作業への集中力も削がれてしまいます。

 

この薄い低反発クッションを購入してから数ヶ月で思いました・・・

 

hikawa
ゲーミングチェアに敷くクッションは薄さだけじゃなく通気性も大事だ!

 

薄くて通気性も良い「ジェルシートクッション」がオススメ

最終的に私がたどり着いたゲーミングチェアに使用するためのクッションは「ジェルシートクッション」です!

薄さは4cmほどで、座ると沈み込むため実質は2~3cmの厚さという感じです。

これならばクッションが分厚くて座り位置が変わり、腰が痛くなるということもありません!

 

このようにジェル素材で出来ていて空洞がいっぱいあります!通気性バツグンですね!

逆にこの構造で蒸れるとかがあるのか?という話です。

数秒間立ち上がれば、それだけでモヤっとした熱い空気は逃げていきます。

 

人間の体重を支えられる耐久性はしっかりあります。

「ジェル素材で大丈夫かな?」と最初は思いましたが、かなり丈夫です。

 

私が購入した「ジェルシートクッション」はカバーが2つついてきました。

要するに、カバーを洗って使えよ、ということですね。

本体のジェル素材はそのまま水洗いOKですから、あとはカバーを洗濯機で洗うだけです。

 

普通の低反発クッションだとなかなか洗うということができず、ファブリーズをかけるだけでいつも済ませていました。

しかしジェルシートクッションは本体を丸洗いできて、カバーの交換も楽なので気軽に洗えます!

清潔です!

 

私はなるべく毎日カバーを洗って交互に使うようにしています。

それだけ座っているとお尻から汗が出ていますからね。

クッションカバーもかなり汗で汚れています。

そのままにしているとイヤな匂いがジーンズや部屋着に移ってしまいますから、クッションカバーは匂いが無いような状況で使いたいです。

 

というわけで、ゲーミングチェアには「ジェルシートクッション」がオススメだと私は思います!

薄くて通気性があります。

ゲーミングチェアには最適なクッションですね!