【BAN】VtuberのYouTubeチャンネルが収益化停止!その理由について解説【天野ピカミィ・一ノ瀬うるは・宝鐘マリン】

 

2021年7月、人気VtuberさんのYouTubeチャンネルで収益化停止、チャンネルBANという自体が立て続けに起きました。

天野ピカミィさん、一ノ瀬うるはさん、船長こと宝鐘マリンさんの3つのチャンネルです。

 

今回は、収益化停止とBANの理由について解説していきます。

 

 

Vtuberの収益化停止とは?

まず、今回の収益化停止やBANはVtuberさんだけに突如として起こりました。

一般のYouTuberさんや、他の有名YouTuberでは起きていない問題です。

 

ということは、これはYouTubeとしてではなく「この3名のチャンネル限定で起こった問題」と考えるべきでしょう。

 

この3名に共通していることは「Vtuberである」ということですね。

そして、この3名は「切り抜き動画がよく上がっている」という共通点があるでしょう!

とくに英語での翻訳切り抜きが多いですね。

 

 

「切り抜き動画」が原因か?

今回の収益化停止やBANは、明らかにセンシティブな内容(卑猥や暴力的)という理由では無いのは確実です。

どう考えても違いますから。

AIの過剰反応を考えたとしても、それは無いでしょう。

 

そして、唯一可能性があるとしたら「切り抜き動画」が原因です!

 

 

これは昔から言われていることですが・・・

 

ひかわ
切り抜き動画の方が本家の動画とYouTubeに判断されて、本家の動画がパクリだと判断されてしまう場合があるのです。

 

今回の3名も、チャンネルの収益化停止理由として『再利用されたコンテンツ』とYouTube側に指摘されたと言っています。

『再利用されたコンテンツ』というのは、要するに「パクリ動画だからダメだよ?」ということです。

このYouTube側からの指摘から分かる通り、今回の事件は、切り抜き動画の方が本家で本家の動画がパクリだと判断されたことは確定です!

 

 

 

ひかわ
でも、他にも切り抜き動画がたくさんあるのに、なぜこの3人だけダメだったの?

 

さすがにYouTubeのシステムも頭がいいですから、切り抜き動画の方をなんでもかんでも本家だと誤認識するわけではありません

ただし、「本家の生配信が放送中に、リアルタイムで切り抜き動画をアップすると切り抜き動画の方が本家になってしまいます」

 

たぶん、今回はこれが原因です。

「早く切り抜き動画をアップしたい!」と思った切り抜き師の人が焦りすぎて、生配信中に切り抜いてしまったのでしょう。

 

 

今や切り抜き動画は群雄割拠で早くアップしたいのはわかりますが、そこはルールを守りましょう。

「スタートライン」を守ってフライングしないようにしましょう。

 

収益化が停止してしまうと、そのVtuberさんだけの問題ではなく、運営している事務所にも被害が行きます。

言ってしまえば営業妨害ということです。