今注目のアイドル『ヤなことそっとミュート』!メンバーやオススメ楽曲について紹介!

今回は2020年3月に待望のメジャーデビューが決定したアイドルグループ『ヤなことそっとミュート』について書いていきたいと思います。

テレビ朝日で放送されている「musicる」のマンスリーエンディングテーマにも決まり、現在最も注目してほしいアイドルです!

 

アイドルグループ「ヤなことそっとミュート」とは?

簡単にアイドル「ヤなことそっとミュート」について紹介します。

ちなみに、「ヤなことそっとミュート」の発音としては「ヤなこと」を平坦に発音します。

「ヤ(↑)なことそっとミュート」ではないです、「ヤなこと(→)そっとミュート」です。

この動画の最初でメンバーが自己紹介をしていますが、「ヤなことそっとミュート」の発音はコレです!

 

そして略称は「ヤナミュー」です。

略称のときは全てカタカナで「ヤナミュー」となります。

 

いつから活動している?活動コンセプトは?

ヤナミューは2016年から活動中です。

「ヤなことだらけの日常をそっとミュートしても何も解決しないんだけど、 とりあえずロックサウンドに切ないメロディを乗せて歌ってみる事にする」というコンセプトの元、活動をスタートさせたアイドルグループです。

楽曲やパフォーマンスに力を入れていて、プロデューサーさんのインタビューでは「アイドルとして生き残るために、歌とダンスのパフォーマンスのみに絞って成長させていくことにした」と語っています。

その活動方針が見事に当たり、その楽曲の良さからYouTubeで公開したMVは早い段階で話題となっていました。

そして2020年3月にメジャーデビューすることが決定したわけです!

 

メンバー紹介!

ヤナミューは基本的には4人で活動しております。

オリジナルのメンバーは「間宮まに」「なでしこ」「南一花」の3人で、そこに学業との兼ね合いにより遅れて「レナ」が加わってスタートしました。

しかし、2019年に「レナ」が学業との兼ね合いなどでアイドル活動が困難になり脱退。

3人での活動をしばらくしていましたが、「やっぱりヤナミューは4人で!」ということで、新たに新メンバーの追加オーディションが行われることになりました。

 

そして2019年の年末、オーディションを勝ち抜いた「凛つかさ」が新メンバーとして加入することが発表されます。

このときの予告動画がヤナミューらしくてカッコイイですね!

 

では、メンバーそれぞれの紹介も書いていきたいと思います。

間宮まに(まみや まに)

「間宮まに」さん。スラっとしていて身長が高い!

「まにちゃん」とか呼ばれています。

Twitterでは闇属性な部分を見せることもありますが、それをユーモア交えた言い方をするので、見ている方としては明るく見えます。

教室の窓から急に脱走したこともあるらしいよ!

プリズンブレイクだね!

 

道端に落ちている蝶や蛾をスマホで撮影し、記録に残していることでも有名。

 

最近はヤナミューの楽曲でダンスの振り付けも担当しております。

その内に秘めた情熱をパフォーマンスでぶつけてくれる、そんな彼女の姿に魅了されるファンが多い!

 

なでしこ

「なでしこ」さん。本名が「なでしこ」です、平仮名です。

力強い歌唱力が私は大好き!大きく動くダンスは見ているコチラが元気づけられます。

Twitterでは常にアゴのラインを気にしているイメージです。

ほぼ毎日ツイートされる就寝の挨拶「おやなで」はファンにとっても日課です。

もしもライブに言って「今日の3曲目、めっちゃ良かったんだけど、なんていうタイトルの曲なんだろう?」と思ったら、なでしこさんのTwitterを見ましょう。

ライブ終了後にその日のセットリストを書いていてくれます!

優しい、そういうところからも彼女の人柄が伝わってきます。

 

南一花(みなみ いちか)

「南一花」さん、「いちかさん」と私は呼んでいます。

ライブ中に一番笑顔で踊り、いろんな表情をしているのが一花さんです!

デザインの専門学校?に通っていたということもあり絵が得意!

というわけで、ヤナミューのグッズのデザインも一部手掛けています。

 

一花さんを語る上で外せないのが「玄関のドアに恐怖のクレーム事件」です。

Twitterにアップされたことで話題になりました。

これは一花さんが自宅のお風呂でほぼ毎日のように歌の練習をしていたところ、隣人?さんからクレームの紙がドアに貼られていたという事件。

お風呂場は防音がされていそうですが、実はそこまで防音効果がないということを我々に教えてくれました。

 

凛つかさ(りん つかさ)

2019年の年末からヤナミューに加入した「凛つかさ」さん!

加入時はまだ大学生のようで、大学の授業終わりでライブやラジオへ駆けつけているようです。

現在はまだ全ての楽曲のパフォーマンスを覚えきれていないので、ライブでは最初は3人でのパフォーマンスをしていますが、途中からつかささんが入って4人体制となります。

Twitterではよくお酒を飲んでいる写真をアップしています。

まだお酒で問題を起こしたことはないらしいので、そこは安心!

新加入からすぐにお酒に関するツイートをしているので、ヤナミュー全体としての良い意味での緩さを表現してくれています。

良い意味ですぐにヤナミューに馴染んでますね!

 

「ヤなことそっとミュート」のココが良い!

すっかりヤナミューにハマってしまった私。

YouTubeで見たMV「Lily」に衝撃を受けて以来、ずっと好きです。

ほぼ毎日ヤナミューの楽曲を聴いています。

楽曲の本気度が凄い!

まずなんと言っても楽曲が凄い!しっかりしてる!

どんなに良い曲でも演奏がスカスカだったり、音圧が足りていないと、なんか物足りない気がしてリピート再生するほどまでは行きません。

でもヤナミューは全曲しっかり演奏あるし、音圧もたっぷり!

ガツーンと耳に響く音です!

 

それもそのはず、現在販売されたシングルやアルバム曲、全ての演奏が打ち込みではないのです。

ちゃんとギターで弾いてるし、ドラムも叩いている!

実際にライブではバンド演奏バージョンの時もあり、そのときの音は素晴らしい!

 

ギターをやっている人ならば、自分でギターを弾いてみるのもいいでしょう。

かなりカッコイイ、ギターが弾けると思います。

私もギターに憧れていた学生時代だったら、ヤナミューの曲を弾こうとしていたことでしょう。

 

 

ヤナミューの楽曲でドラムを担当しているリンタロウさんのTwitter!

こういう方々がヤナミューの楽曲を作り、支えてくれています。

そりゃレベル高い曲が生み出されるわけですね!

created by Rinker
¥7,281(2020/11/24 17:53:26時点 Amazon調べ-詳細)

「ヤなことそっとミュート」を深く知るためにオススメの楽曲紹介!

というわけで、私はヤナミューの楽曲がすごく好き!

ではここでヤナミューの曲の中からオススメのものを紹介していきます。

基本的には「全曲ハズレ無し!」とは思っていますが、私の中でのBEST13を紹介しましょう!

とてもBEST10には収まりきらなかったので、13曲紹介します。

 

『Lily』(「BUBBLE」収録)

まずは「Lily」です。

ヤナミューを一気に注目させた楽曲、そしてMVです。

この曲でヤナミューを知ったという方も多いでしょう。

いきなりこんな完成された楽曲を見せつけられたら好きになっちゃいますよね!

ライブでは、サビのときに頭上に上げた手を頭の前と後ろに前後して一緒に踊りましょう!

 

 

『カナデルハ』(「BUBBLE」収録)

ギターと迫力あるドラムのイントロが30秒続いてから歌い始める「カナデルハ」です。

このイントロだけでも十分だけど、そのイントロに負けないヤナミューの力強い歌が最高です!

私はなにか気合を入れたいときに聴いています。

 

『orange』(「BUBBLE」収録)

今度は一転してアイドルらしい、可愛らしく明るい曲「orange」です。

ダンスもかわいい!

指差すフリつけのときは、みんなも一緒にヤナミューを指差してレスポンスをもらおう!

ずっとサビみたいな曲で、ちょっと暖かい時期に聴きたくなります。

created by Rinker
¥1,800(2020/11/24 17:53:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

『Cry Out』(「Cry Out」収録)

「cry out」は日本語にすると「大声で叫ぶ」という意味です。

自分本来の姿を出せず、悩んで悩んで、その思いを叫んでいるという歌詞が心に響きます。

名曲!

 

『into Yours』(「into Yours」収録)

「into Yours」も良い曲です。

歌詞の中に「オレンジ」と出てきて、さきほど紹介した「orange」とどこかリンクした曲に思います。

「orange」を聴いた人は、その歌詞を思い出しながら、情景を思い出しながら「into Yours」を聴くと、また別の面白さがあると思います!

 

『HOLY GRAiL』(「MIRRORS」収録)

「ほーりーぐれーいる」と急に歌いたくなってしまう「HOLY GRAiL」です。

MVでは脱退してしまったレナさんがメインとなっています。

いろいろと感慨深い作品です。

 

『No Regret』(「MIRRORS」収録)

「No Regret」はヤナミューの中で、私が最も多く再生した曲です。

これもギターがカッコイイよ!

 

『Reflection』(「MIRRORS」収録)

赤坂BLITZでのワンマンライブでの「Reflection」は素晴らしい!

ダンスもカッコイイし、バンドの生演奏もカッコイイ!

 

『Nostalgia』(「ユモレスキ」収録)

「Nostalgia」はヤナミュー全員の声の魅力を堪能できる作品です。

それぞれのパートが重なり合うように歌っているのが特徴的!

チームワークが為せる技、そう思います。

あとはヤナミューの歌詞ってけっこう詩的なところが多いのですが、これも詩的度高いです!

「留保」っていう言葉のチョイスがカッコイイ。

 

『Stain』(「ユモレスキ」収録)

真っ白い雪景色の中、赤が特徴的なMVの「Stain」。

この歌も「Nostalgia」と同じくて詩的、歌詞を見ながらじゃないとわからない言葉とかありました。

ちなみに、「Stain」では「保留」という言葉が使われています。

勝手にヤナミューを歌詞を考えている私としては、いろいろと他の曲とのリンクがあるように思えて面白いです!

created by Rinker
¥4,762(2020/11/24 17:53:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

『ラング』(「ラング」収録)

「あいらーびゅー」というフレーズが印象的な「ラング」。

「I LOVE YOU」という使いつくされた言葉をメインに使っているのに、ぜんぜん古さが無いです。

逆に新しさすら感じます、不思議な感覚になる曲です。

 

『レイライン』(「レイライン」収録)

「レイライン」はメジャーデビュー前のヤナミューにとって集大成みたいな曲だと思います。

MVでは、それまで作られたMVのロケ地を回っていますし、演出も過去のオマージュが多いです。

歌詞としても「今まであったこと、全てが点と点でつながって、それが今につながっている」という内容。

これからメジャーデビューでへ向けての決意のような、そんな印象を受けました。

 

『雨の栞』(「雨の栞」収録)

静かさを感じる「雨の栞」。

「レイライン」が勢いのある曲調の集大成だとしたら、バラード曲の集大成が「雨の栞」だと思います。

これも名曲!目を閉じて聴いていると、この世界観に引き込まれていきます。

雨の降っている駅のホームで聴いているとき、なんか泣けてきました。個人的なことですが。

 

「ヤなことそっとミュート」の楽曲を聴く方法!

最後に「ヤなことそっとミュート」の楽曲を聴く方法を紹介します。

シングルになっている曲などは公式YouTubeでMVが見られるので、そちらを見るというのもありです。

 

ライブで生の音を聴く!

まずオススメしたいので、ライブでヤナミューを見ること!聴くこと!

迫力のある音、バンドの生演奏、ダンスとパフォーマンスを100%で楽しむならばライブです!

 

 

音楽配信サービスで聴きたい放題!

音楽配信サービスでもヤナミューの楽曲を聴くことが出来ます!

私は「Amazon Music Unlimited」でいつも聴いています。

ヤナミューは配信も積極的に行っているので、リリース日当日に楽曲を聴くことが出来ます!