【APEX】チーターのBAN祭りが実施!アジアサーバーからチートが激減する?【東京サーバー】

  • 2021年6月27日
  • 2021年9月6日
  • APEX

 

大人気のバトロワゲーム『APEX LEGENDS』。

その人気が故にチーターが多く、シーズン8あたりからは楽しく遊ぶことが困難な状況が続いています。

 

今回は、そんなAPEXのチーター問題に光明が差してきたかも?という話です!

 

チーター問題とは

 

APEXのパソコン版では多くのチーターがいます。

最近はよくTwitterなどで「APEXやってるとチーターばっかりと当たる!」と言っている人が多いですね。

APEXをキッカケにして「チーター」という存在を初めて目の当たりにした人も多いのではないでしょうか?

 

 

ひかわ
なんで、APEXってチーターが多いの?

 

「チートシステムが機能していない」とか「運営がチーターを野放しにしている」とかいろいろ言われていますね。

 

しかし、オンラインのFPSゲームではどのゲームでもチーターがいます。

チーターがいないFPSゲームは存在しないと言っていいくらいです。

そして、一番人気のゲームにはプレイヤーが集まりますので、今人気のAPEXにチーターが多くなってしまうのです。

 

created by Rinker
PUBG CORPORATION
¥1,218(2021/10/25 12:58:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

過去には『PUBG』というバトロワゲームが超人気になりましたが、やはりチーターが集まってきてしまい、普通のプレイヤーはAPEXに移行してきました。

チーターには勝てませんから、勝つ楽しさを味わいたい普通のプレイヤーはゲームから離れてしまうわけです。

 

 

チーターはBANすればいいのでは?

 

ひかわ
チーターがいるのはしょうがないとして、BANすればいいんじゃないの?

 

まず、品質の悪いチートを使っているチーターは、APEXの自動検知システム(アンチチートプログラム)で自動的にBANされています。

これはかなりの数でBANされているようです。

 

ですが、その自動検知システムに引っかからないような工夫をしている「高級チート」を使っているチーターが多くいるのが現状です。

これは自動システムでは見つけることが出来ないので、人間が実際に目で見て「こいつはチートを使っている!」と判断する必要があります。

 

 

 

その、実際に目で見てチートを使っているかどうか?を判断して手動でBANをしているのが「ハイドアウトさん」です。

ハイドアウトさんはAPEXを開発している『Respawn』の社員です。

 

手動BANの権限を持っているのは、APEX運営側ではハイドアウトさん一人だけしかいないのでは?と言われています。

ハイドアウトさんが休日になるとチーターが明らかに増えますし、ハイドアウトさんの休暇明けではチーターが一気に減ります。

 

 

BANはアカウントが完全に使えなくなるため、慎重な判断と専門知識が必要です。

 

ひかわ
「エイムが良すぎるからチーターだ!」

 

というわけにはいきません、超うまい人だとオートエイムみたいなことを平気でやりますから。

そのため、チーターかどうかを判断するには専門知識だけではなく、実際のFPSゲームのプレイ経験も豊富に必要になってきます。

 

そういう理由もあって、手動BANをする専門家をなかなか増やせていないのでは?と思われます。

手動BANできる人間が少ない状況ですので、日々ゾンビのように復活してくるチーターたちに数の差で負けてしまっているわけですね。

 

 

有名ストリーマーの配信に「守護神」が登場

2021年6月某日、日本の有名ストリーマーの配信に、そのハイドアウトが降臨しました!

ランクマッチをプレイするストリーマーの配信をハイドアウトさんがチェックし、チーターがいたらリアルタイムでBANしてくれることになったのです。

これはかなり話題となり、Twitterでもかなりバズっていました。

 

 

数時間の配信でチーター(ブースティング)が20人ほどBANされました。

毎試合チーターがいたので、そのたびにリアルタイムでBANが行われてかなりの盛り上がりを見せましたね!

 

BANされたチーターの中には現役プレデターもいたことから、東京サーバーでチーターが野放しにされてしまっている現状も浮き彫りにもなりました。

 

 

ひかわ
なんで東京サーバー、アジアサーバーはこんなにチーターがいるの?

 

アメリカやヨーロッパにはあまりチーターがいません。

海外の有名プロの配信を見ていても、そんなにチーターに出会うことはありません。

 

日本だと毎試合チーターがいるのに・・・。

 

 

ハイドアウトさんはアメリカの人ですから、ネット回線の距離の問題からなかなか日本サーバーをチェックすることが出来ないのが実情です。

日本から海外のサーバーに入ると動きがカクカクになるのと同じで、アメリカからアジアのサーバーにきてもカクカクになってしまいます。

そのような理由もあり、チェックの行き届かないアジアサーバーにはかなりの数のチーターがいるわけです。

 

 

今後のアジアサーバーはどうなる?

 

 

2021年4月22日、Respawnは日本人の求人募集を行いました。

これは、アジアサーバーを監視するための手動BAN要因の募集では?と言われています。

 

求人募集には思いっきり「チーターを監視するための・・・」と書かれています!

また、FPSゲームの経験も求めています。

アジアサーバーで手動BANをする日本人を求めているのは明らかですね!

 

 

こういう募集があってから2ヶ月、ハイドアウトさんが日本人ストリーマーの配信を見てリアルタイムBANを行いました。

これって、日本人のBAN担当に見本を見せる意味もあったのでは??と思われます。

 

 

今後のアジアサーバーで手動BANがどんどん行われることに期待です!

最近のチーターはAPEXサーバーに直で攻撃を行うなど、明らかに「やりすぎている感」があります。

なにか、「もうAPEXでのチートは稼げなくなりそうだから、最後にやるだけやってやろうぜ!」っていう雰囲気がしますので・・・!

 

【APEX】ついに日本サーバーの手動BANが本格化!チーターが激減する日も近い?