【レビュー】 レワード(Reward) のサマークールマスクは息苦しくないから夏用に最適!

 

hikawa
国から支給された布マスク(アベノマスク)を着用して思いました、布マスクの通気性は絶対に夏に必要だということに!

 

というわけで今回は購入した布マスクをレビューしていきたいと思います。

 

レワード(Reward) のサマークールマスク

さっそくですが、私が今回購入した布マスクはレワードのサマークールマスクです!

レワードは普段は野球用ユニフォームを製造しているメーカー。

野球用のユニフォームは丈夫な生地、動いて汗をかいても快適な通気性が求められます。

そんな技術を応用してマスクを作っているようです。

もちろん安心の日本製、国産メーカーですよ!

 

配送方法・輸送状態

分厚めの封筒に入って商品は届きます。

Amazonでは「入荷後に出荷」という状態でしたが、注文から2日後には郵便でポストに届いていました。

常に生産をして発送をしていっているようですね。

 

封筒を開けると、ガッチリめのビニール袋に入った布マスクが入っていました。

折れ曲がったり、異物が混入していることはありませんでした。

品質的にかなり良い状態ですね。

 

程よくオシャレで仕事でも使えるデザイン

私が今回購入したマスクは「シルバー」というデザインです。

仕事でも使いたかったので、なるべく地味めなカラーを選んでみました。

程よくオシャレなデザインですので、真っ白い不織布マスクとほぼ同じ気分で着用できます。

模様がついていても奇抜さが無いデザインが良いです。

 

裏面がメッシュ素材でサラサラ感がある肌触り

マスクの裏面、顔に接する部分はメッシュ生地で出来ています。

薄いガーゼが顔に当たるイメージです。

ふんわりとした肌触りでサラサラ感があるので気分的に涼しさがあります。

 

メッシュ生地はマスク本体にビッチリくっついているわけではないので、このように手で引っ張るとメッシュ生地全体が浮き上がってきます。

マスクを着用して息を吸うと、このメッシュ生地が少しだけ浮き上がって、マスク本体とメッシュ生地の間から呼気が逃げていく感じです。

程よく呼気の逃げ道が出来るので息苦しさが軽減されているように思います。

 

しっかりした生地で何度洗っても大丈夫そう

やはり野球用ユニフォームメーカーですから、生地はかなり丈夫です!

ゴシゴシ洗っても何度も使えるような強度をしています。

さすがにメッシュ生地の方は優しく手洗いした方が良いとは思いますが、マスク本体はガシガシ洗っても大丈夫ですね!

食べ物の汚れがマスクについたとしても洗える安心感があります。

 

私はいつも、使用後(帰宅後)にマスクを擦り合わせるように優しく手洗いしています。

洗い終わったらマスクを両手でプレスするようにして水気を絞って、そのまま洗濯バサミで止めて干しています。

室内干しでも次の日の朝にはもう乾いているので、次の日も使うことが出来ています!

 

息苦しさを感じない!感染予防にもなる作り!

息苦しさのイメージとしては「不織布マスク」が息苦しさを感じて、「アベノマスク」があんまり息苦しさを感じないくらい。

そのアベノマスクよりもレワードのサマークールマスクは息苦しさが少なく感じます。

私はいつも不織布マスクを常用していますが、不織布マスクと比べたら雲泥の差で息苦しさを感じないですね!

 

レワードのサマークールマスクは息を吸い込むときの抵抗がほとんどありません!

 

息苦しさを感じないので「生地がスカスカすぎて、感染予防の意味がないんじゃない?」と思ってしまいますが、マスクをしたまま深呼吸をしてもマスク前にかざした手には呼吸がほとんど当たりません!

メッシュ生地のところでも書きましたが、マスクの構造的に程よくマスクの左右や下から呼吸が逃げていっているようです。

これならば誰かとしゃべっていても、その人に飛沫感染をさせてしまうことはないでしょう!

 

立体構造だからフィット感がある

ノーズワイヤーなどはありませんが、マスク自体が立体構造になっているためフィット感はちゃんとあります!

顔を覆うような構造になっているので、どんな顔の大きさや形でもフィット感が得られると思います。

 

ちなみに私はいつもの不織布マスクでもLサイズを着用しているので、レワードのサマークールマスクでもLサイズを購入しています。

レワードのサマークールマスクはやや大きめの作りになっているのかな?と思います。

普段のマスクでLサイズを使っていて、よくズレるとか、ちょっと大きめだと感じる人はMサイズの方が良さそうです。

 

口の部分はややとんがっているようなシルエットになります。

このとんがっている部分の空間があることで息苦しさが軽減されています。

また、マスクと口が直接当たってしまうことも防いでいます。

 

メガネは曇りやすい?

2時間ほどウォーキングをしたときにメガネも着用してみましたが、マスクの位置によっては吐き出した息が鼻とマスクの間に出来た隙間から排出されるため、その排出された息でメガネが曇ります。

まぁ、これはノーズワイヤーがある不織布マスクでも同じですね。

息が多少上がるくらいのペースでのウォーキングでも、息が吸いやすいため息苦しさはないですが、吐き出した息の暑さを口元や目元に感じました。

 

ヒモは自由に付け替え出来る

ヒモは平べったいゴムヒモが最初からついています。

私はこのゴムヒモでちょうど良い長さだったので、そのまま使っています。

もしも付属のゴムヒモが気に入らなかったら、ヒモは自由に付け替えられるようになっているので取り替えましょう。

夏場は耳の後ろとかも汗をかきますから、ヒモは定期的に洗ったり交換したいですね。

 

レワード(Reward) のサマークールマスクは夏や運動用にオススメ

というわけでレワード(Reward) のサマークールマスクをレビューしてみました。

やはり布マスクは不織布マスクよりも息苦しさが無いので、顔の暑苦しさを感じないのが良いですね!

夏の暑い日に使うのはもちろんですが、室内で運動するときにも使えるのではないでしょうか?

吸い込むときの「スゥー!」っという爽快感が違いますよ!

 

布マスクは何度も洗って使えて経済的ですし、いざというときのために1枚持っておくと便利かと思います!

私は「人がいっぱいいる場所では不織布マスク」、「外や、人があまりいない室内では布マスク」と使い分けて夏を乗り切ろうと思います!