ヤナミューのメジャーデビュー曲『Afterglow』の歌詞とかMVを考察してみた【ヤなことそっとミュート】

ヤなことそっとミュートのメジャーデビュー曲である『Afterglow』のMVが公開されました!

MV公開記念ということで、勝手に『Afterglow』の歌詞などを考察していきたいと思います。

ヤナミューの歌詞はとても特徴的で、その意味を解釈するのがとても面白いです。

曲の世界に入っていけると幻想的な気持ちになれるというか、不思議な感覚になれることが多いのがヤナミューの曲という印象です。

 

ヤなことそっとミュートのメジャーデビュー曲『Afterglow』

まずはYouTubeで公開されたMVを見ましょう!

ちなみに「Afterglow」は以前からライブで歌われていた楽曲で、ライブCDにも収録されています。

ストリングスアレンジが加えられ、その演奏や音へのこだわりが強く感じられます。

created by Rinker
¥1,709 (2020/05/29 07:04:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

『Afterglow』の歌詞を考察してみる。

まずタイトルの『Afterglow』は日本語で「夕焼け、思い出」という意味がある単語です。

MVで夕日が印象的なのもタイトルとリンクしている部分ですね。

 

『Afterglow』は大切な人との別れを歌っている曲です。

別れというテーマを考えながら歌詞を聞いていきましょう!

あれからどれだけの朝日が登ったんだろう

夕日が印象的と最初に言いましたが、歌い出しは「朝日」から始まります。

「あれから」とあるので、この曲の主人公にとってなにか特別な日があり、それからしばらく経っていることがわかります。

たぶん、別れた日からしばらく経っているのでしょう。

私のイメージではベッドの中で、カーテンから差し込んでくる朝日の光を見ながら、「あの日」を思い返している感じですね。

目が覚めるたびに思い出しちゃうんですよ、大切な人のことを。

 

まばたきのたびに目をそらす日々 wake me up

主人公は普通に日常生活を送っていても、どうしても思い出してしまいます。

「まばたきのたび」ですから「一瞬でも目を閉じた瞬間」に、ふと思い出しちゃうんですね。

起きてるはずなのに、もう目は覚めてるはずなのに!

夢を見ているように思い出してしまう。

大切な人との別れを引きずっている主人公は「wake me up(起きろ!)」と自分を奮い立たせようともがきます。

かなり葛藤している主人公、がんばれ!

 

「またね」って最後に君は静かに笑って

 

がんばっている主人公ですが、ここからは別れた日のことを鮮明に思い出してしまいます。

人間そんな簡単に忘れることは出来ません、前向きになることはできません。

「またね」って言ったのに会えないじゃん!

「またね」ってことは「また」があるはずじゃん!普通は!

ちょっと根に持っている感じ。

あの日から僕の半分は遠く君と眠ったまま

主人公の中で「大切な人と一緒にいる自分」と「今一人でいる自分」の二通りの自分が存在している状態です。

ぜんぜん吹っ切れていません!葛藤の真っ只中!

「大切な人と一緒にいる自分」VS「今一人でいる自分」です、戦いです。

 

夢の中でまた続きを

この曲の中盤は死闘篇と言えるでしょう。

夢の中で「大切な人との別れ」という記憶と主人公は戦います。

もう涙も出ないくらいの激闘!

何度も何度も「さようなら」を言って、この戦いを終わらせようとします。

何度も何度も!

 

半分になった僕はそれでぜんぶになった

ついに主人公が記憶との戦いに勝利した瞬間です。

良かった!過去を振り切れた!

 

でもこの記憶との戦いに勝っても、どこか悲しい感じがします。

本当は消したくない記憶ですからね。

「半分」はもうなくなっちゃってるんだもの。

 

これが最後なんだ

「半分が全部になった」とは言っていたものの、まだ戦いは続いていました。

主人公の中で何度も決心したんでしょうけど、どうしても忘れられません。

それだけ大切な人だったんです。

 

「また」はない さよならを知った

序盤の「またね」という最後の言葉を思い出し、それを納得することができた主人公です。

「またねって言ったじゃん!会いたかったのに!」と思っていましたが、ここで「そういう最後もあるもんかー」と思えるようになったようです。

自分を納得させるように考えられるようになったんですね。

 

頬をなぞった この涙

最後に別れに納得した瞬間、出なかった涙が溢れ出てきた主人公。

ここで正真正銘、前向きになれたのでしょう!

悲しいことにビックリしすぎると涙って出ないらしいです。

でも、その悲しさを理解できると涙が溢れてくるという。

『Afterglow』は別れのシーズンにピッタリの曲だ!

『Afterglow』は、大切な人との別れ、それを乗り越えようと葛藤しようとする主人公の物語です。

リリースされるのも卒業シーズン、別れの時期です。

この曲を聞いて、悲しい別れを前向きに捉えていきましょう!

人間が強くなります。

 

『Afterglow』のMVの感想を書く!

良い曲だなーと歌詞を聴きながら思っていましたが、MV自体の感想も書いていきましょう!

たぶん撮影場所はお台場周辺だと思います。

後ろにレインボーブリッジっぽいのが見えます。

 

ヤナミューといえば「鏡(ミラー)」も一つのイメージです、このMVでもミラーが印象的に使われていてファン的に嬉しいですね!

こういう大きなミラーはオートバックスとかにあるのでしょうか。

たまにめちゃくちゃデカいルームミラーを車につけている人いますよね。

 

新メンバーの凛つかささんはヘッドホンをつけて登場!

ヤナミューのポーズと言えば、耳を塞いで「ヤなことそっとミュート」ですので、それをほんのりヘッドホンで表現しているのでしょうか。

 

「ヤなことそっとミュート」ポーズの最終形態なのでしょう、バケツをすっぽりかぶって「すべての音をシャットアウト」を表現!

ポリバケツをかぶってしゃべると音が反響して頭がぐわんぐわんしますよね。

小学生のとき、掃除の時間によくやっていました。

あるあるですね。

created by Rinker
リス
¥399 (2020/05/29 07:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

『Afterglow』はヤなことそっとミュートを最大限に味わえる曲だ!

というわけで、ヤなことそっとミュートのメジャーデビュー曲『Afterglow』についていろいろと書いてきました。

やっぱりですね、ヤナミューの曲は素晴らしい!

歌詞を意識して聴くのも楽しいし、楽曲の音圧も素晴らしい!

もちろんメンバーの歌声、個性も出ていて良い!

 

『Afterglow』で良さを感じた方は、他のヤナミューの楽曲も聴くことをオススメします!

こういう名曲がめちゃくちゃ多いですから!

 

今後もヤナミューの楽曲に期待です。

もちろん、過去の楽曲もリピートしまくりです!