【YouTube企画案】『あらゆるズルをしまくってスポーツテストを受けてみよう!』

YouTuber向け企画案【第18回】『あらゆるズルをしまくってスポーツテストを受けてみよう!』
hikawa
ラジオのハガキ職人を経て放送作家になった私が、テレビやラジオ、雑誌向けに考えていた企画の中から「これ、YouTuber向け企画として使えるんじゃない?」と思ったネタを紹介しています。

 

企画内容

企画意図
created by Rinker
¥1,760(2020/10/01 14:05:12時点 Amazon調べ-詳細)

ここ数年、スポーツの世界ではドーピングがかなり注目されています。

薬剤を投与、飲むなどするパターンのドーピングは有名ですね。

ですが最近は、使用している機材に電動モーターなどを仕込む「機材ドーピング」というのも問題視されています。

自転車の大会では電動アシストモーターを搭載しているのでは?とかが問題になっています。

 

で、パラリンピックでは機材が進歩しすぎて「普通よりも良い成績を出せちゃう」くらいの状況になっているらしいです。

そこで今回は思い切ってドーピング(ズル)をしたらどうなるのか?を検証する企画を提案します。

 

企画タイトル:「あらゆるズルをしまくってスポーツテストを受けてみよう!」

というわけで、あらゆる機材などのチカラを借りてスポーツテストで好成績を残そうという企画を提案です!

スポーツテストは小学生や中学生がやっているもので、誰もが経験があるでしょう。

普通はズルが一切できませんが、そこで思い切ってズルをしたらどれぐらい成績が良くなるのか?

意外とそういうことって知りたいものです。

 

例えば「50m走で強力ゴムを使えば超早いのでは?」とか。

「反復横跳びで壁を使えば早いのでは?」。

「シャトルランで酸素吸入器を使えばずっと走れるのでは?」などなど。

created by Rinker
エバニュー(EVERNEW)
¥1,640(2020/10/01 14:05:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

あらゆる競技でドーピングをしていきます!

ちなみにスポーツテストで実施される競技は「握力、上体起こし、長座体前屈、反復横跳び、持久走、20mシャトルラン、50m走、立ち幅跳び、ハンドボール投げ」です。

ハンドボール投げであれば「ボールをズルして飛ぶボールで投げてみた」とか「巨大扇風機でボールに浮力を与えてみた」がありかなと思います。

 

スポーツテストで良い成績を残したい中高生は多いはず!

そういう人たちが面白く見れる動画になると思います!