YouTubeが勝手に低画質になる!毎回設定で変更するのは面倒だ!その原因と対策を紹介

 

 

 

YouTubeが勝手に「低画質」になる

YouTubeを再生したときに、毎回画質が荒い状態で再生されることがあります。

いわゆる「低画質」で再生されるということですね。

 

ひかわ
しかも、設定で「高画質」に固定したはずなのに毎回「低画質」に戻される!

 

なぜ、高画質に設定したはずなのに毎回低画質で再生が開始されてしまうのか?

それは、使用しているネット回線が遅くなっているため、YouTube側で自動的に低画質再生されているからです。

 

YouTubeのシステムで「この人のネット速度遅いから高画質での再生は無理だな、私は優しいから再生しやすい低画質にしてあげよう」となっているわけですね。

 

 

ネット速度はGoogle検索で「ネット速度」と打ち込むと、上記のようなインターネット速度が出てきます。

ここでネット速度を計測してみましょう。

計測して表示される数値が低かったら、ネット速度が原因だと特定できます。

 

 

対策【1】『無線LANを使っている場合』

もしも無線LANでネットを使っているのであれば、無線LANルーターを最新のものに買い替えてみると状況が劇的に変化することもよくあります。

昔の無線LANルーターは劣化していて、ネット速度が遅くなる原因になっていることが多いです。

 

また、『ソフトバンクAir』や『WiMAX』などのWi-Fiを使っている場合は、そもそものネット回線で遅い、もしくは速度制限がかかっている可能性があります。

この場合は、ネット回線を別の『光回線』に変えるしか解決方法はありません。

 

 

対策【2】『端末の再起動、アプリの入れ直し』

ネット回線が良くても、YouTubeを見ている端末側で不具合が起きていると「低画質」で再生される可能性があります。

もしもネット速度が早いというのが確定であれば、利用している端末を再起動してみましょう。

スマホでもパソコンでの同じように電源を入り切りして再起動です。

 

また、スマホの場合はYouTubeアプリを一度はアンイストールし、その後でインストールし直すというのも一つの手段です。

 

パソコンの場合はYouTubeを再生するブラウザを変えてみるというのも、原因の特定するためにはやる価値があるでしょう。