【Vtuber】「鳩行為」がダメな理由ってなに?配信コメントの暗黙ルールとは?

 

在宅時間が増えてYouTubeをよく見るようになった私です。

そんなYouTubeの中でも、作業をしながら「ながら見」できるVtuberの長時間配信をよく見るようになりました。

 

というわけで、今回はVtuberの配信でよく見聞きする「鳩」について書いていきたいと思います。

 

Vtuberの配信で見る「鳩」ってなに?

Vtuberの配信の概要欄にはよく「鳩行為は禁止です」と書かれています。

この【鳩行為】とは、他に配信しているVtuberに対して視聴者がコメントで「○○○○さんが○○○○って言ってたよ!」のように別の配信者の話題を出すことを言います。

伝書鳩のようにメッセージを届けることから「鳩」と呼ばれるようになりました。

 

Vtuberの世界ではもちろん、ゲーム配信者や生配信をしているYouTuberも同様に「鳩行為は禁止」と言っていることが多いです。

また、Vtuberの配信をよく見ている視聴者にとっては鳩行為がダメなことというのは当たり前のルールとして浸透しています

 

最近では視聴者がやってはいけない行動ランキングの上位に「鳩行為」が上げられるくらいになってきています。

鳩行為はダメなことで、Vtuber本人はもちろん視聴者からも嫌われる行為です。

 

 

具体的な「鳩行為」

各所で「鳩行為はダメ!」と言われていますが、それでも鳩行為をしてしまう人が続出しています。

Vtuberの配信を見始めてまだ数ヶ月しか経っていない、という方が知らずに鳩行為をしてしまうのはわかります。

しかし、長年の視聴者でも「えっ?これって鳩行為になるの?」と自覚していない人が多いです。

 

というわけで、いくつか鳩行為の具体例を紹介します。

 

ゲーム配信中の鳩行為

一番多い鳩行為はゲーム配信中によくあります。

「そこの分岐、○○○○さんは上を選んでたよ!」とか「○○○○さんは簡単にクリアしてたよ!」とコメントして、他のVtuberの情報を持ち出す鳩行為です。

こういうコメントをしてしまうと、その配信者さんは「じゃあ逆行ったほうがいいのか?」と思ってしまい、ゲームプレイの方向性が変わってきてしまいます。

配信者心理として他の人とは同じことしたくありませんからね!

 

宣伝目的?の鳩行為

宣伝目的なのかな?と思ってしまうような鳩行為です。

例えば、雑談配信をしているVtuberに対して「○○○○さんが明日ライブだよ?」とか「○○○○さんのグッズ買いました?」と聞くパターンです。

他のVtuberさんに対する感想を意見を強引に求めることになるので、良くないですね。

 

ヘルプ要請の鳩行為

その配信ではまったく話題になっていないのに、いきなり「○○○○さんが今耐久配信してて苦戦してるから助けてあげて!」というコメントをする鳩行為です。

こんなことを言われてもVtuberさんとしては「で?どうすればいいの?」と困惑しますし、まず本当に助けて欲しかったら直接連絡が来るはずです。

勝手なお世話で他のVtuberさんを巻き込むのは、そのVtuberさんの配信を邪魔するだけになるのでダメです。

 

 

「鳩」はなぜダメなの?

 

ひかわ
で、結局「鳩行為」ってなんでそんなに嫌われているの?

 

「鳩行為」がなぜダメなのかというと、鳩行為をされた側の配信がつまらなくなってしまうからです。

せっかく良い流れで雑談していたのに鳩コメントで流れをぶった切られると配信が変な雰囲気になります。

ゲーム配信で盛り上がっているところに鳩コメントをされたら「この人急になにコメントしているの?」と変な雰囲気になります。

 

視聴者としてはVtuberさんと 1対1 の関係で配信を楽しんでいます。

それなのに、そこに別のVtuberさんの話題を持ち出されたら「えっ?今せっかく二人で楽しんでたのに、よくわからない人いるんだけど・・・」となりますよね?

 

これは現実世界でも同じです!

せっかく仲良し3人組で遊んでいたのに、途中であんまり親しくない4人目が急に来たときみたいな雰囲気。

その雰囲気が鳩行為で起こってしまいます。

 

だから鳩行為は辞めましょう!

「その場(配信)の雰囲気」を考えれば、他のVtuberの話題を出すことで雰囲気が壊れてしまうことは容易に想像できるはずです。