【Cities:Skylines】一人称視点で街の人目線を楽しめるMOD『First Person Camera』

 

hikawa
自分で作った街を実際に歩いてみたい!市民の視点から自分の街を見てみたい!

 

シティーズスカイラインズである程度街を作ってくると、そのような欲が湧いてきます。

せっかくがんばって作った街ですから、その街で暮らしているような体験をしたくなるのは必然です。

しかし、デフォルトの状態ではカメラ位置をどんなに低くしても上空からの視点になってしまって、思ったような市民の視点になってくれません!

 

というわけで今回は、街で暮らしている市民の視点からシティーズスカイラインズを楽しめるMODを紹介していきます!

 

『First Person Camera』(一人称視点カメラMOD)

『First Person Camera』
5

カメラ位置が地面と同じ位置まで下がるようになり、実際に街を歩いている市民や動く車の運転席視点で作った街を楽しめるようになるMOD。

今回紹介するMODは一人称視点でシティーズスカイラインズの街に入り込めちゃうMOD『First Person Camera』です!

このMODを導入するとカメラ位置が地面まで下がり、シティーズスカイラインズに住む市民と同じ目線で街を散策することができます。

 

デフォルトではカメラ位置をどんなに下げても、これぐらいにまでしか下がりません。

歩道橋の上から道路を眺めるくらいの距離感でしょうか。

これだとまだまだ街に入り込めないですよね、没入感が足りないですよね!

そこで『First Person Camera』を導入し、有効化してみましょう!

 

『First Person Camera』を導入後、キーボードの「Tabキー」を押すと一人称視点に切り替わります。

上記画像のようにカメラ位置が地面に接するまで下がり、市民や車と同じ目線で街を見ることが出来るようになります!

没入感がハンパないですね!

立ち並ぶ商業施設を左右にした大通りが本物っぽく見えてきます。

 

一人称視点で自分が作った街を歩くのはめちゃくちゃ楽しい!

「ここにバス停あると違和感あるなー」とか、「こんなに交通量多いところに学校あるのは変だな」ということに気づけたりもします。

上空からだけではわからない、街づくりの奥深さを知ることが出来ます。

 

走っている車や電車の運転席視点でも楽しめる

『First Person Camera』には「走っている車や電車の運転席視点モード」もあります!

どういうことかというと、上記画像のように走っている車をクリックすると、その車の情報が出てきますよね?

この情報画面の右側にカメラのマークがあるのがわかるでしょうか?

この「カメラマーク」を押すと、その車両の運転席視点モードに切り替わります!

 

このようにトラックの視点に切り替わりました!

上部にバックミラーがあって、まさに運転席の視点ですね。

このカメラモードのまま時間を進めると、走っている風景をそのまま楽しむ事ができちゃいます!

私は電車の一人称視点で、海岸線を走る電車の車窓から見る風景が好きです。

海岸線を横目に、工業施設、がんばって開発中の高層ビル群エリア・・・などなどと移りゆく景色を楽しむことが出来ます。

 

このMODの注意点

設定項目は基本的にはイジる必要はあまりないです。

私は上記画像のような設定にしています。

初期設定では「Tabキー」で一人称視点モードの切り替えが出来るようになっています。

カメラ位置などは好みの問題もあるので、いろいろイジって自分好みの表示になるように調整しましょう。

 

また、パソコンのスペックが足りないと満足に一人称視点を楽しめないということもあるとか?ないとか?らしいです。

私は「ガレリアRT5」というお手頃価格のゲーミングパソコンを使用していますが、RT5だと快適にプレイできています。

GALLERIA RT5
5



10万円以下で購入できるゲーミングパソコン!コスパは現在販売されているゲーミングパソコンの中でもトップクラス。お買い得な価格ながらもパソコンゲームの多くを快適に遊べる性能を持っていて、ブログ執筆や動画・画像編集をする人にもオススメです!