【Cities:Skylines】地形を自由に変更できるMOD『Extra Landscaping Tools』

 

hikawa
「高低差のある地形にしたい!滝を作りたい!海水面を高さを変えたい!樹木を一気に植えたい!」

 

街づくりをしていると高低差のある、景観重視の街を作りたくなってきます。

田舎の町並みを作りたいときは滝とか、渓流を作りたくなります。

いろいろと地形をイジりたくなってくるものです。

 

というわけで今回は、地形をイジるときに便利なMODを紹介していきます!

 

『Extra Landscaping Tools』(地形変更MOD)

『Extra Landscaping Tools』
4

地形を変更、樹木を一気に植える、資源を設置、水源を設置、海水面の高さを変える。あらゆる地形変更が出来るMOD。

今回は地形変更MODの『Extra Landscaping Tools』を紹介していきます。

いろいろと便利に地形をイジることができるので、操作方法などを交えて解説します。

 

地形の高さを上げ下げする

ツールバーにある「土にスコップが刺さっているボタン」を押すと、このように地形変更パネルが表示されます。

左上にある「上げ下げ」の項目は、そのままの意味で「地形を上げ下げ」できます。

マウスの左クリックを押すと地形が上がって、マウスの右クリックを押すと地形が掘り下げられていきます。

押している時間が長いとどんどん地形が上がったり、下がったりしていきます。

 

「ちょっとだけ地形を掘りたい」という場合は、筆で掃くようにボタンをサッサっと押しながら払うと良い感じです。

上げ下げという単純な操作ゆえ、いい感じの地形を作るには慣れとかコツが必要です。

 

地形をなだらかにする

「矢印が波形」になっている項目は「地形をなだらかにする」ことができます。

「なだらかにするってなに?」という話ですけど、私はけっこう使っています。

 

例えば小高い丘を作りたいけど、単純な「上げ下げモード」だと、このように地形が尖ったりしてしまうことがあります。

これを掘り下げモードで修正しようとしてもなかなかに難しいです。

そんなときは「なだらかにモード」を使います。

 

「なだらかにするモード」で先程作った尖った山を撫でるようにクリックしていくと、このようにカドが取れていきます。

まさになだらかになりましたね。

「上げ下げモード」で地形を上げすぎて尖らせてしまったり、掘りすぎて急すぎる斜面が出来た場合は「なだらかにするモード」を使うと良い感じに修正することが出来ます。

 

地形を平坦化する

次は「平坦化モード」です。

使い方はゲーム内でも書いてありますが「右クリックで地形の高さを指定すると、左クリックを押した時に先程記憶した高さに地形が整えられる」です。

 

掘り下げた土地と、山だった部分の真ん中を通るように「平坦化」させると、こんな感じで平坦化されます。

使い所としては、住宅地を作るときの整地をするときに便利です!

平坦化を使えば広範囲を一気に同じ高さの土地に出来るため、高低差が無い方が現実的な見た目に鳴る工業地帯とかを開発するときに重宝します。

 

あとは、川を挟んで街を発展させていくときに、それぞれの街の高さが違うと違和感になってしまうため、それぞれの土地の高さを揃えるときにも使えますね。

長期的な都市開発をするときによく使っています。

 

「Ditch」の使い方

「Ditch」は日本語にすると「溝」とかいう意味らしいです。

ゲーム内では「ほんのちょっとだけ地面を上げたり下げたりするモード」という感じで使うことが出来ます。

上記の画像ではDitchで右クリックを押しています。

すると、ほんの少しだけ掘り下げられた溝が出来ています。

 

左クリックを押すと少しだけ地面が上がっていきます。

 

このDitchの使い所としては、ほんのちょっとだけ高低差を作りたいときに便利だと思います。

完全に平坦すぎるというのが違和感だと思う方は、このDitchを使って少しだけ地面に高低差をつけていくと景色的に面白みのある街が作れます。

現実でも意外と坂道って多いですからね。

 

「斜面」の作り方

「斜面を造る」という項目です。

あまり使っている人はいないのではないでしょうか?

海外のガチユーザーの人のYouTube動画を見ても使っているのは見たことがありません。

前置きはさておき、さっそく操作方法について説明していきます。

 

まずは斜面の起点となる場所で右クリックを押します。

上記の画像だと赤い丸部分で右クリックを押しています。

 

次に斜面の頂点となる部分で左クリックを押します。

 

最後に左クリックを押したまま、起点となった場所(右クリックを押していた場所)まで戻っていくと上記のように斜面が出来上がります!

 

スキー場のようなキレイな斜面が出来ていますね。

高低差をつけた街を作っている時に、高い土地に上がっていく道路を作るときなんかに使えるのかな?と思います。

 

樹木を一気に植えたり、一気に削除する

樹木を一気に植えるモードもあります。

樹木を植えようとすると、「Brush options」という設定項目が出てくるので、ブラシサイズとブラシの硬さを選ぶことができます。

 

「ブラシサイズ」は一気に樹木を植える範囲を指定することができます。

ブラシサイズが大きければそれだけ広範囲に樹木を植えることができます。

 

「ブラシの硬さ」は樹木を植える密度のことです。

ブラシが硬いと密度も高くなり、上記画像のようにドサっと大量の樹木を一度で植えることができます。

 

右クリックを押すと樹木を削除することができます。

大量の樹木を消したいときには便利ですね。

 

樹木を植えるときの範囲には特殊な図形を使用することが出来ます。

このように星型で植えることもできるので、上空から見ると面白い景観が作れます。

 

「石油・鉱石・肥沃な土地」を自由に設置する

石油、鉱石、肥沃な土地も自由に設置することが出来ます。

ペイントで塗るように設置していきます。

 

水源を設置して川や湖を造る

水源を設置することができます。

水源をポンっと置くと、そこから水が湧き出してきて川や湖を造ることが出来ます。

 

このときに注意しなければいけないのは「水容量」というスライダーオプションです。

これをうまく調整しないと水源を置いた瞬間に大量の水が溢れ出して、街が水没します!

 

「水容量」が大きすぎると、このように水が溢れます。

ですので水源を設置するときは水容量を最初は少なく設定して、徐々に増やすように設置しましょう。

 

海水面の高さを変える

海水面の高さを変えることもできます。

水源パネルの「四角い平べったいやつ」が海水面の高さを変えるモードになります。

このモードをクリックし、左クリックを押したままマウスを上下に動かすと海水面の高さが変わります!

左クリックを押したままですよ!

 

海水面の高さを変えている途中で間違ってクリックを離してしまうと、街全体が水没してしまうこともあります。

ですので、海水面は慎重にイジりましょう!

というか、海水面はイジらなくて良いと思います。

GALLERIA RT5
5



10万円以下で購入できるゲーミングパソコン!コスパは現在販売されているゲーミングパソコンの中でもトップクラス。お買い得な価格ながらもパソコンゲームの多くを快適に遊べる性能を持っていて、ブログ執筆や動画・画像編集をする人にもオススメです!