体重100キロから70キロまで痩せるための「意識」の持ち方!1年で30キロ痩せた私の方法!

 

30歳まで体重100キロで過ごした結果、健康がヤバいことになってきたためダイエットを開始。

いざダイエットをやってみると、1年で30キロ痩せることに成功!

 

というわけで、今回はダイエットを成功させるための「意識の持ち方」について書いていきたいと思います。

 

「デブ」が痩せるのは簡単

体重100キロで30歳まで過ごしていた私です。

もちろん、何度かダイエットを試みましたが、毎回すぐに挫折してしまっていました。

食事制限はツライし、運動は疲れて続かないし!

 

そこで私はダイエットをする前に意識改革をしてみました。

意識改革とは言っても、そこまで大した意識ではないです。

 

ただ単純に「普通の人と同じ食事と生活をしていれば、標準体重になるはず」と考えることにしただけなんですけどね!

 

 

なぜ私が100キロまで太ったかというと、動かずに食っていたからです。

一般的な人よりも食べ、一般的な人よりも動かなかったから太ったのです。

摂取カロリーが多く、消費カロリーが少なかったわけですね。

 

ということはですよ、普通の人と同じ食事と生活をすれば、摂取カロリーは少なくなって消費カロリーが上がることになる!

体重60キロの人が「普通の食事と普通の生活」をしても痩せませんが、体重100キロのデブが「普通の食事と普通の生活」をすれば、60キロに近づいていくように痩せるのでは?と!

 

 

このように「痩せなきゃ」と無理して考えるのではなく、「普通に過ごせば標準体重になっていく」と考えるようにしたのです。

 

 

ダイエット用の食事は「レシピ本通り」に作る

私がダイエット中に食べていた食事というのは、至って普通の食事です。

ただし、そのときに注意したのは「食事の量」です。

デブになった理由としては食べすぎがあったので、食べすぎないように注意していたわけです。

 

では、どうすれば食べすぎを防げるのか?

 

まず、料理は自分で作りましょう!

自分で料理を作るときはテキトーに作るのではなく、レシピ本を見て、そのレシピ通りに作ってください!

 

created by Rinker
ワニブックス
¥1,320(2021/10/25 09:28:26時点 Amazon調べ-詳細)

レシピ本は様々ありますが、どんなレシピ本でも良いです。

どのレシピ本も1人前での作り方が書いているので、それ通りに作れば食べすぎというのは絶対に防げるわけです!

摂取カロリーが多すぎるレシピというのはほぼ無いですからね。

 

 

デブの感覚で作っていると「えっ?このレシピで使う肉ってこれだけなの?」と思うかもしれませんが、それが普通の人達が食べている食事の量です。

その食事の量に慣れてください。

 

レシピ本通りに料理を作って食べるだけ。

たったそれだけでも、標準体重に近づいていくようにゆっくり痩せていきます!

 

 

私はこの食事生活に変えてから、2ヶ月で無理せず10キロほど痩せることができました!

どれだけ今まで食べすぎだったんだっていう話ですね・・・。

 

 

ある程度痩せてきたらジョギングダイエット

体重100キロの段階ではジョギングをしてもすぐに足が痛くなってしまうので、食事改善である程度痩せてからジョギングをするのがオススメです。

実際に私も最初は「ダイエットといえばジョギングだ」と意気込んで走りましたが、数日で膝が痛くなってしまった経験があります。

 

食事改善で10キロほど痩せてからジョギングをすると、思ったよりも軽快に走ることができました。

それまでは10キロのダンベルをも持って走っていたと考えれば、痩せてからジョギングをすると足への負担がどれだけ軽減できているのかが想像できると思います。

 

 

ジョギングをするようになると、明らかに見た目が痩せていきます。

顔がシュッとしてきて、見た目が細くなってきます。

しかし、走ることによって筋肉も同時についてくるため、体重的にはあまり変化は無いと思います。

 

ここで「体重が減っていない!」とパニックにならないように注意しましょう。

 

筋肉がつくことで体重的な変化は無いものの、食事は普通の人達と同じ量なので確実に標準体重には近づいています!

 

デブに必須のジョギンググッズ

ある程度痩せてきてはいても、標準体重よりも大幅にデブだとジョギングは足にきます。

膝が痛くなったり、足をかばって走ったり歩いたりするから上半身も痛くなったりしてしまいます。

ですので、デブがジョギングをするときは足への負担を軽減するアイテムを整えておきましょう!

 

まずはランニングシューズです。やはり靴は重要です。

カカトにエアー構造のあるランニングシューズは重いので、エアー構造がないシューズの方がオススメです。

デブはただでさえ足が重いですから、少しでもシューズは軽いほうが良いです。

 

デブが走ると足への衝撃が凄まじいので、その衝撃を和らげるためのインソールは必須です!

ドクターショールの「アクティブプラス」という商品はランニングを想定されて作られたインソールで、このインソールが1枚あるかないかで足の疲れがかなり変わってきます!

週に数回のランニングならば、4ヶ月位は持ちます。

「このインソール、薄くなってきたなー」と思ったら買い替えましょう!

買い換えずに薄くなったインソールを使っていても、足に負担がかかるだけですので。

 

ランニングするときにスマホや家のカギを持っていくことになると思いますが、スマホなどを服のポケットに入れて走るのは良くないです!

スマホの重みでランニングのフォームが崩れてしまい、変な走り方で足に負担がかかる状態になってしまいます。

スマホなどはランニングポーチに入れておくと、スマホの重みを感じずにフォームも安定させて走ることが出来ます!

 

結果的に1年で30キロのダイエットに成功

レシピ本通りに食事を取ることで食べ過ぎを防ぎ、ある程度痩せてからのランニングをすることでどんどん痩せていった結果。

1年で30キロのダイエットに成功しました!

 

まったく食べないとか、同じ食材しか食べないようなダイエットはしていないので「いつの間にか痩せていた」という感じでした。

無理せず、緩やかに痩せていったので、このダイエット成功から2年が経った今でもリバウンドは一切していません!

「最近食べ過ぎたなー」と思っても、体重的にはほとんど増えていないです。

体が完全に標準体重に慣れたことで、ちょっとやそっとではリバウンドしないようになったと思います。