デブはジョギングの前に「足湯」をすれば痛みが軽減できる!走るときにツラくない方法!

 

体重100キロから70キロへのダイエットを、1年で成功させた私です!

ダイエット成功から数年が経ちましたが、今でもリバウンドせず標準体重(65キロ)をキープできています。

 

というわけで今回は、デブ時代に行っていたダイエットの一つ「ジョギング」について書いていきたいと思います。

 

デブにとって運動することはダイエットに最適ですが、ジョギングは苦痛ですよね・・・。

すぐに疲れるし、足も痛くなるし・・・。

 

ジョギング前に足を温めておく

デブの人がジョギングをしても、すぐに足が痛くなってしまう可能性が高いです。

私もデブ時代はすぐに足が痛くなってしまっていました。

「足のスネ」あたりが痛くなっちゃうんですよね。

 

デブは体重が重いため、走ったときの衝撃が一般的な体重の人の数倍かかってきます。

足の筋肉をしっかりほぐしておかないと、その衝撃ですぐに足が痛くなってしまいます。

 

足の筋肉は、足をしっかり温めながらストレッチをすると良いです。

私の場合はシャワーのお湯で足を温めてから、部屋でストレッチをして、それからジョギングを行っていました。

ひと手間かかりますが、足の筋肉をほぐしてから走るだけで「痛み」はかなり軽減されます!

 

 

created by Rinker
ヒロコーポレーション(Hiro Corporation)
¥4,400(2020/12/30 01:33:53時点 Amazon調べ-詳細)

テレビを見ながら足湯に入って、ジョギング前に軽くストレッチをするというのも良いですね。

足湯だと長時間浸かることが出来ますし、足だけではなく体全体を温めることもできます。

シャワーよりも足湯の方が時間を有意義に使えてオススメです。

 

 

ジョギングは「休み休み走る」でOK

実際にジョギングをするときは、無理して汗だくになるほどはがんばって走る必要はありません。

デブですから、普通の体重の人と同じ距離を走っても、その人以上にカロリーは消費できています。

だって、何十キロ分のダンベル背負って走っているようなものですから!

 

私の場合は「10分くらいゆっくり走って、5分は歩く」というのを繰り返しながらジョギングをしていました。

 

 

ひかわ
休みながら走ると効率悪いんじゃない?

 

休みながら走ると効率悪く思えますが、10分走っている段階である程度は息が上がった状態になるはずです。

その息が上がった状態(カロリー消費状態)は、たった5分くらいでは収まりません!

歩いている5分間も、走っているときと同じレベルでカロリー消費状態が続きます。

 

10分走ってカロリー消費状態になり、5分歩いて足を休めつつカロリー消費状態も継続!

このジョギング方法だと足も痛くなりにくく、長時間ジョギングもできるのでダイエットの効率が一気に上がります!

 

足を痛めないための「デブにおすすめ」ランニンググッズ

まずはランニングシューズです。やはり靴は重要です。

カカトにエアー構造のあるランニングシューズは重いので、エアー構造がないシューズの方がオススメです。

デブはただでさえ足が重いですから、少しでもシューズは軽いほうが良いです。

 

ちゃんとしたランニングシューズはクッション性が優れているため、普通の靴で走るよりも格段に足の痛みを軽減することが出来ます!

 

 

created by Rinker
Dr.Scholl(ドクターショール)
¥1,591(2021/07/30 05:18:06時点 Amazon調べ-詳細)

デブが走ると足への衝撃が凄まじいので、その衝撃を和らげるためのインソールは必須です!

ドクターショールの「アクティブプラス」という商品はランニングを想定されて作られたインソールで、このインソールが1枚あるかないかで足の疲れがかなり変わってきます!

週に数回のランニングならば、4ヶ月位は持ちます。

「このインソール、薄くなってきたなー」と思ったら買い替えましょう!

買い換えずに薄くなったインソールを使っていても、足に負担がかかるだけですので。

 

ランニングするときにスマホや家のカギを持っていくことになると思いますが、スマホなどを服のポケットに入れて走るのは良くないです!

スマホの重みでランニングのフォームが崩れてしまい、変な走り方で足に負担がかかる状態になってしまいます。

スマホなどはランニングポーチに入れておくと、スマホの重みを感じずにフォームも安定させて走ることが出来ます!